イケメン変人

俳優の福山雅治(38)が、10月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「探偵ガリレオ」(月曜後9:00)に主演することが2日、分かった。福山の連ドラ出演は平成15年1月期放送の同局系「美女か野獣」以来、約4年半ぶり。また、相棒の女刑事には、柴咲コウ(25)が決まった。

今回、演じるのは、天才学者。探偵ばりの解析力を誇り、新人刑事を助け、難事件を次々に解決していく。学者なのに、ニックネームは「探偵ガリレオ」。スポーツ万能、ルックス抜群…なのだが、正体は「何を考えているか分からない変人」という設定。鈴木吉弘プロデューサーは「4年前からドラマ化を目指してきましたが、いい男なのに変…そんなキャラクターを際立たせるのは彼しかいない」と、福山を口説いた

累計160万部を誇るシリーズ中、最も有名なのは、昨年、第134回直木賞を受賞した「容疑者Xの献身」だが、ドラマ化されるのは、シリーズの原点ともいえる短編小説集「探偵ガリレオ」「予知夢」。主人公の物理学者で大学準教授の湯川学(福山)が、警視庁捜査1課の刑事で親友の草薙が持ち込む摩訶不思議な事件を解決する物語。その事件というのが、人間が突然燃え上がった事件や心臓だけが腐った死体の謎など、奇妙な現象や科学がらみの怪事件のオンパレードで、湯川の頭脳がさえ渡る。

| 月9
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。